レスリング用品のe-wrestle!商品取扱数国内最大級!店長も経験者

永田克彦 グレコローマンレスリング完全教則 vol.1〜3

販売価格
(税込)

■見本動画:こちら
■内容:

グレコローマンの技術を1から学びたい人から世界を目指す人まで必見!
シドニー五輪銀メダリスト永田克彦が教えるグレコローマン・レスリングのテクニック

日本人の特性を生かした戦い方を追求し、世界でも勝てるスタイルを確立した永田克彦。グレコローマンの底辺拡大と次世代のメダリスト育成のために、長年の経験で得た技術を惜しみなく披露した完全教則DVD。
第1巻では、基本の構えから腕の差し方、腕取り、ツーオンワンなど、グレコローマンスタイルの基本となる技術を、第2巻では、がぶりと投げのテクニックを、様々なバリエーションや展開、防御方法までを、第3巻では、ローリングからリフト、俵返しまで、グレコローマンレスリングらしい力強いグラウンドの攻防を丁寧に実演・解説。

【収録内容】
■vol.1
構え・組手
基本姿勢と重心
組手の置き方
ケンカ四つの組手
ファーストコンタクトの注意点
圧力のかけ方
崩し・落とし方
腕の差し方
腕を回して差す
相手の腕を引き出して差す
相手の頭を落として差す
腕の返し方と引きつけ
腕を差しながら前に出る(相四つ)
腕を差しながら前に出る(ケンカ四つ)
両差しの取り方
差し合いのポイント
両差しからの展開
横ふりからバック
浴びせ倒し
胴タックル
腰投げ
櫓投げ
横についてバックドロップ
差されてからの巻き返し
差された腕をおっつける
振ってバランスを崩す
バンザイして巻き返す
首に手を引っかけて崩す
肩で相手の肩を押す
腕を殺して巻き返す(引き手側)
腕を殺して巻き返す(利き腕側)
両差しの防御
両差しの巻き返し
腕取り
腕を取って胴クラッチ
ケンカ四つの腕取り
片差しからの腕取り
両差しを狙った状態からの腕取り
腕取りからの差し
切られてからの連携技
胴タックル
片差しからのタックル
クラッチを組んでからのタックル
腕をコントロールしてタックル
足を入れ替えるタックル
腕を殺した状態からのタックル
ツーオンワン
相手の手首を殺して取る
手首を押さえられてからの取り方
腕取りからのツーオンワン
プレッシャーのかけ方
横について胴タックル
正面からの胴タックル
ツーオンワンを差し返す
手首と腕を殺して切る
ツーオンワンで取り返す

■vol.2
=がぶり=
がぶり方
頭を落としてがぶる
片差しからがぶる 銑
両差しからがぶる
がぶりからの展開
落としてバックをとる
がぶりからの隅落とし
がぶり返し´
がぶり返し狙いからバック
がぶりの防御
アゴの手を外す
遠心力を使って外す
カウンターのくぐりタックル
しゃがんで胴タックル
=投げ=
担ぎ技の基本の足運び
一本背負い
四つ組から担ぐ
四つ組から股下に入る
横にひねって投げる
首に手をかけられてから担ぐ
首に手をかけられてから股下に入る
変形一本背負い
一本背負いからの隅落とし
巻き投げ
四つ組からの巻き投げ
ツーオンワンからの巻き投げ
首投げ
片差しのカウンター
両差しのカウンター
クラッチを組んでからの首投げ
逆方向への首投げ´
ラリアット式の首投げ
首投げからの隅落とし
投げた後の処理
首投げからの連携技
飛行機投げ
ツーオンワンからの飛行機投げ
差されてからの飛行機投げ
がぶられてからの飛行機投げ
四つ組からの展開
四つ組の基本姿勢
がっぷり四つの基本姿勢
クラッチの組み方・腕の返し方
がっぷり四つからの回り込み
がっぷり四つからの滑り込み
がっぷり四つからの首投げ
がっぷり四つからの櫓投げ
がっぷり四つからの巻き投げ
四つ組の防御
有利に組まれた時の対処
反り投げ
両足を踏み込んで投げる
サイドに回り込んで投げる
脚を深く股下に入れて投げる
相手の反り投げのカウンター
一本背負いの防御
引き手を抜く
横に回り込む 
首投げの防御
引手を抜いて手を外す
横に回り込む
カウンターの投げ
反対側に乗って潰す
カウンターのバックドロップ
巻き投げの防御
頭を押して手を抜く
頭の方向に回り込む
相手を跳んでまたぐ
極め反りの防御
腰を切って横に跳ぶ
反り投げの防御
腰を落とす
腰を切って横に跳ぶ

■vol.3
=ローリング=
クラッチの組み方
NGクラッチ
巻きつける腕の入れ方
クラッチを組む位置
基本的な返し方
反対側への返し方
反対の肩を殺して返す
肩と腰を入れ替えて返す
変形ローリング
腰を切ってきたら反対側に返す
腰が浮いたらリフトアップ
変形ローリング
クラッチを組み替えて反対側に返す
腰が浮いたらリフトアップ
ローリングのディフェンス
腕が入るのを防ぐ
腕をはがす/ずらす
クラッチに圧力をかけてずらす
体幹と四肢で突っ張る
回り込む
巻き込む
ディフェンス技術を組み合わせる

=リフト技=
リフト技に適したクラッチ
力の出し方のポイント
後ろからの持ち上げ方
頭をつけてステップ
脚で動きを止めてステップ
クラッチを絞って止める
胸と肩を使って止める
ローリングの体勢から両足を立てる
横からの持ち上げ方
ヒザを立てて持ち上げる
両ヒザを入れて立ち上がる
胴をまたいでからの持ち上げ方
持ち上げてからの処理
太腿に乗せてローリング
尻を引っこ抜いて前転
リフトからの連携技
反対側にローリング
肩を殺してローリング
反対側に一歩出て引っこ抜く
ネルソンへの連携技
サバ折りへの連携技
反り投げへの連携技
リフト技のディフェンス
相手に足場を作らせない
腰を切って巻き込み
スーパーマン
横からヒザを入れてきた場合
横からヒザを立てた場合
またいで上げてきた場合

=俵返し=
相手の持ち上げ方
両足を立てて持ち上げる
両ヒザを入れる
片ヒザをついて立ち上がる
肩越しに投げる
反対側に跳んで両足を立てる
反対側に跳んで両ヒザを入れる
リフト技からの連携
持ち上げてからの処理
相手の引きつけ方
相手を縦方向に返す
俵返しからの連携技
守りの固い相手への連携技
がぶり返しへの変化
俵返しのディフェンス
腰を切ってずらし・回り込み
立ち上がってバックを取る

【出演 永田克彦(ながたかつひこ)】
1973年10月31日生まれ、千葉県東金市出身。高校でレスリングを始め、日本体育大学に進学。グレコローマンスタイル68kg級で全日本学生選手権などのタイトルを手にした。卒業後、警視庁に入庁。1997年にグレコローマン69kg級で全日本レスリング選手権初優勝。以後6連覇を達成(’97年〜’01年69kg級、’02年74kg級)。2000年のシドニー五輪では、69kg級で日本レスリング勢唯一となる銀メダルを獲得。グレコローマンスタイルとして12年振りのメダルを日本にもたらすとともに、日本レスリング界12大会連続メダル獲得の伝統をつないだ。
2010年4月、格闘スポーツジム「レッスルウィン」を東京都調布市にオープン。少年少女に正確で効果的な戦い方を教え、全国大会優勝者を多数輩出するなど目覚ましい実績を挙げている。さらに2015年4月より、日本ウェルネススポーツ大学レスリング部監督に就任。同年12月、11年振りに全日本レスリング選手権に復帰出場。71kg級で13年振り7度目となる優勝を果たした。(42歳での優勝は歴代最年長記録)
長年の経験で得た技術・トレーニング方法を、わかりやすく理論的に教える指導には定評があり、子供から大人までの日本レスリング界底上げを目指し、精力的に取り組んでいる。
購入数量:
増加 減少

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。

選択
vol.1売り切れ
vol.2
vol.3

申し訳ございません。只今商品入荷待ちです。

関連商品のご紹介

最近ご覧になった商品

ページトップへ 買い物かご